最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫)

  • 23 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 松原 惇子 .

    Download 板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫) 無料で, 本の無料読書 板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  棟方志功
    • レーベル:  講談社文芸文庫
    • シリーズ名:  板散華 現代日本のエッセイ
    • 発売日:  2019年02月15日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000056250
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    原始美術の力強さを示し、民芸的特質を持ち日本美の原点を探る独特の〈板画〉世界を展いた、棟方志功。強烈なエネルギー漲る初期エッセイ集『板散華』を中心に、『板画の肌』を抄録。「板画の持つ真性は、東洋の美意識に真実を重ねる」とする「板血脈」をはじめ、「河井寛次郎先生」「板画道」「万暦赤絵」「富岡鉄斎」「麻蒸風物」「哀母記」「串もち」のほか「哀父記」を加えた35篇。

あなたも好きかもしれません

板散華 現代日本のエッセイ (講談社文芸文庫) by 松原 惇子 ダウンロード PDF EPUB F2