最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫)

  • 56 読みたい
  • 78 現在読んでいるもの

発行元 沖田正午 .

    Download 火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 火焔の啖呵 北町影同心 : 9 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  沖田正午
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  北町影同心
    • 発売日:  2019年12月06日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275422382009
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    幕府からの無理難題に貧乏藩の奇策は?

    閻魔の女房窮余の一策。


    音乃の探索を助ける船宿の屋形船で両替商が殺され、主が捕まるが、黙秘を……。

    隠された謎を追う音乃が、裏で糸引く大名に引導を!


    讃岐の貧乏藩に幕府より御手伝普請三万両が命ぜられる。重臣らは頭を抱えるのだが、藩主が出入りの両替商を巻き込む奇策を思いつく。一年後、影同心の音乃と巽丈一郎が世話になっている船宿の屋形船で、件の両替商が殺されているのが見つかり、船宿の主が捕まるが、主は黙秘を。侍による商家押込みも起こり、探索は風雲急を告げるのだが……。人の弱みに付け込む悪を暴く。

あなたも好きかもしれません

火焔の啖呵 北町影同心9 (二見時代小説文庫) by 沖田正午 ダウンロード PDF EPUB F2