最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

流罪の日本史 (ちくま新書)

  • 47 読みたい
  • 71 現在読んでいるもの

発行元 山内譲 .

    Download 流罪の日本史 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 流罪の日本史 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 流罪の日本史 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 流罪の日本史 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 流罪の日本史 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  渡邊大門
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2017年11月24日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591215518780
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日本史上初の流罪は近親相姦の姫、恨みのあまり怨霊になった天皇、親鸞や日蓮の法難、真田昌幸・信繁親子や宇喜多秀家の苦しい流人生活……。流罪は死刑につぐ大罪で、罪状や時代によって、流される場所は細かく規定されていた。誰がどんな罪でどこに流されたか。地位も名誉も財産も剥奪されて遠隔地に追われた罪人と一族は、縁もゆかりもない土地で、どう生き延びたのか。そこには権力闘争や策謀の壮絶なドラマがあったーー。古代から近代までの流刑の変遷を辿り、そこに見える刑罰観の変遷を読み解く!

あなたも好きかもしれません

流罪の日本史 (ちくま新書) by 山内譲 ダウンロード PDF EPUB F2