最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

あふれでたのは やさしさだった

  • 13 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 凪良ゆう .

    Download あふれでたのは やさしさだった 本 Epub や Pdf 無料, あふれでたのは やさしさだった, オンラインで書籍をダウンロードする あふれでたのは やさしさだった 無料で, 本の無料読書 あふれでたのは やさしさだったオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 あふれでたのは やさしさだった 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  寮美千子
    • 発売日:  2018年12月11日
    • 出版社:  西日本出版社
    • 商品番号:  6671220269090
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    奈良少年刑務所で行われていた、作家・寮美千子の「物語の教室」。

    絵本を読み、演じる。

    詩を作り、声を掛け合う。

    それだけのことで、凶悪な犯罪を犯し、世間とコミュニケーションを取れなかった少年たちが、身を守るためにつけていた「心の鎧」を脱ぎ始める。

    「空が青いから白をえらんだのです」が生まれた場所で起こった数々の奇跡を描いた、渾身のノンフィクション。

あなたも好きかもしれません

あふれでたのは やさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室 by 凪良ゆう ダウンロード PDF EPUB F2

父親から暴力を受けていて病院で「私に会いたくなったら空を見上げてね、いつもあなたを見守っているから」と言い残して死んでいった母親に助けてあげられなかったと悔いる少年受刑者が詠んだ詩などどれもこれも考えさせられる内容ばかりでした。ハンカチを手に読まれることをおすすめします。