最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること

  • 22 読みたい
  • 75 現在読んでいるもの

発行元 鹿野佐代子 .

    Download 障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること 本 Epub や Pdf 無料, 障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること, オンラインで書籍をダウンロードする 障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること 無料で, 本の無料読書 障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できることオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鹿野佐代子, 明石久美
    • 発売日:  2020年10月20日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000010899
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    自分たち親が死んだら……障害のある我が子は一人でちゃんと生きていけるのか不安でたまらない、死ぬに死ねない……と口にする親御さんへ安心を届けます。障害をもつ子の親は、お金のこと、住まいのこと、生活のこと、支援制度・サービスのことなど、心配ごとが尽きません。とくに財産に関しては、より多く残してあげたい、と思う親が多いようです。しかし、本著者はあえて「残すお金は0円で大丈夫!」とアドバイスしているといいます。その子の今の幸せと、親の充実が必須であり、ただ残すだけではだめで、残すのはちゃんと「その子のために使えるお金」にしておく必要があるとのこと。そのための対策とは! 多くの相談にこたえてきた福祉のプロと、具体的な制度や対策を熟知するお金・相続のプロが、「親亡き後不安」を解消するための具体策を解説します。我が子が将来にわたって安心して暮らせるように願う親心に寄り添った一冊。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

障がいのある子が「親亡き後」に困らないために今できること by 鹿野佐代子 ダウンロード PDF EPUB F2