最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作)

  • 89 読みたい
  • 40 現在読んでいるもの

発行元 赤松利市 .

    Download 藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作) 本 Epub や Pdf 無料, 藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作), オンラインで書籍をダウンロードする 藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作) 無料で, 本の無料読書 藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  赤松利市
    • シリーズ名:  藻屑蟹
    • 発売日:  2018年03月16日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4915064810001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    選考委員、激賞! 62歳、住所不定、無職の大型新人、第1回大藪春彦新人賞を受賞し、鮮烈デビュー!


    ●今野敏 選評(抜粋)

    内容の濃さで群を抜いていた。この短い作品の中で、登場人物の印象を変えてみせている。これはなかなかの筆力だ。迷いなく受賞作に推した。


    ●馳星周 選評(抜粋)

    記念すべき第一回の受賞作がこのように完成度の高いものであることは、故大藪春彦氏も喜んでいるのではないだろうか。


    ●徳間書店文芸編集部編集長 選評(抜粋)

    世に出さなければならないという使命感を抱くほど、作品力は群を抜いていました。


    ●受賞の言葉(抜粋)

    書き続ければ報われると知った。たとえ将来、路上に帰らざるを得ないほど困窮しても、日銭仕事に執筆の時間を犠牲にするくらいなら、わたしは何の躊躇もなく路上に帰ります。その覚悟を受賞の言葉としたい。


    ●あらすじ

    二十七歳で人生を諦めた男。彼は原発事故の模様をテレビで見ていた。これから何かが変わる??そう信じて。しかし待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことよる苛立ちだった。

    六年後、彼は金を得るために、高校時代の友人・純也の伝手で除染作業員となる。しかし、それは純也のある計画のために利用されているだけだった……。

    選考会で満場一致にて受賞にいたった第一回大藪春彦賞受賞作!

    ※受賞作のほか、選評および受賞の言葉を収録


    本作品には続編があります! 「藻屑蟹」で検索してください。

あなたも好きかもしれません

藻屑蟹 1(第1回大藪春彦新人賞受賞作) by 赤松利市 ダウンロード PDF EPUB F2